>

通信機器のレンタルの注意点

レンタルの注意点

通信機器に限ったことではありませんが、レンタルはその名の通り借りていますので、自分のものではありません。
壊してしまったら弁償になることがありますので、扱いには注意しましょう。

通信機器は会社などでレンタルやリースで利用していることがあります。
レンタルですと保証に入っていなければ、壊した時や長期間使用した時に損をしてしまいます。
リースですと決められた期間利用すると、利用者の持ち物になりますので修理保証に加入していても損はしませんし、長期間利用したほうがよい結果になります。
リースを利用する理由は、その通信機器が高額で大量に必要な時です。
機器が特注なため十数万円以上することが多いのです。
どちらにしても扱いには十分注意しましょう。

悪質業者に注意しましょう

どんな業種にも悪質な業者は存在しており、一般人にわからないことにつけ込んだ手口が多いです。
特に通信機器は専門性が高く、知識が無ければ従うほかありません。
選んだ業者が悪質かどうか十分に調べてからレンタルの依頼をしましょう。

悪質業者は料金を無駄に引き上げてきます。
知識がない人には内容も機器もわからないので、相応の料金かどうか判断できません。
悪質業者を避ける対策は、インターネットのホームページで通信機器の説明が記載されているかどうかを見ることです。

悪質業者は電波法に違反している機器をレンタルしています。
日本国内ではレンタルできる通信機器は限られていますし、使用してよい周波数も決められています。
これらをしっかり守っている業者を選びましょう。


この記事をシェアする